• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
**Dailyma from Paris**
フランス・パリ在住のYoukilaです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
先日明らかになった妊娠糖尿病。
ジネコに糖尿病の専門医を紹介してもらい、指定されたオピタルに行ってきました。

病院に行く前に電話で言われたことは
「うーん、とりあえず5日くらい泊まれる用意をしてきてくれます?何日になるかわからないから~」

・・・ええ、いきなり5日の入院?
再検査するだけじゃないのかしら

と私もさんもマークのまま病院へ。

病院に着くと・・・再検査どころか、いきなり食事療法の実践!
ちょうど諸々の手続きが済んだら12時だったので、「これ食べて」と病院食を出された。
DSC00775.jpg
これに+ヨーグルト。かなりのボリュームです・・・。

食べる前に血糖値検査。
小さな針で指をチクっとやり、検査機に指した試験紙に血をつけると、瞬時に血糖値が表示されます。

妊婦さんの血糖値としてOKとされる値は・・・
食前 70~90
食後(2時間後) 120以下

これ以上は高血糖となります。

とりあえず、食前の血糖値は85でセーフ。

もぐもぐ食べていると看護婦さんが覗きに来て「全部食べてね」とのこと。
ひぇ~多いよ~。これでいいのか、糖尿病食?

>この先、長いですが興味のある方はどうぞ。
その後、インターンの先生が来て問診したり、心電図を測ったり諸々している間に2時間経過。
で、再度血糖値を計ってみると、116でした。

なんだ、大丈夫じゃん
もしかしてすぐ帰れちゃう?


と思ったのもつかの間・・・、先生曰く、昼間はOKな人が多いのだとか。
血糖値は朝、上がりやすいものらしいです。

なので、やはり数日泊まって3食いろいろ試しながら血糖値を測定することになりました。

病棟は普通の糖尿病棟だったので、通常の糖尿病の方がほぼだったのですが、みんなの血糖値を覗いてみると、350!とかある人がいてびっくり。みんなやはり5日単位で病院に泊まり食事療法のセッションを受けたり、検査をしたりするみたいです。

それから2日は、病院食を食べながら1日3食、食前食後に血糖値検査の日々。やはり朝は上がりやすいみたいで、規定の120を越してしまうことも・・・
病人といっても体は至って元気なので、他の時間は病院から出なければ何をしててもよいらしく、病院内の本屋にいったり、散歩したり。

そして2日経った時点で、先生に言われたこと。
「食事の制限をすれば、血糖値はコントロールできそうだけれども、体重が減っていくのは母体によくない!」
・・・そうなんです。結構なボリュームの病院食なのですが、2日で1.2kg痩せてました・・・。

この時期こんなに痩せる妊婦って・・・?

ただでさえ、最低限の太り方だった妊婦生活、仏人からすると「ぜんぜん増えてない」と言われてしまうくらいだったので・・・。

先生のオススメはインシュリンによる血糖値のコントロールを出産までの3ヶ月間すること。
*妊婦は糖尿病用の薬が服用できないため、血糖値をコントロールする方法は食事かインシュリンしかありません。

正直インシュリンには抵抗がある・・・。
どこに行くのも注射針を持ち歩かないといけないし・・・。

でも、先生は「最小単位のインシュリンを1日1回打つだけでも血糖値は安定するし、母体へのダメージも軽減できるわよ。試して御覧なさい」
と3日目からインシュリンを試すことを強くプッシュ。さんも「先生がそう言ってるんだから」と続いてプッシュ。

それでは!とインシュリンを試してみることに。
朝、食事の前にインシュリンを最低単位(2単位)。
*1単位とは注射針からでる1滴のこと。2単位は2滴、本当にちょっとです。通常の糖尿病の方だと20単位くらい打たれる方も珍しくないらしい。

正直、効果が歴然!というほどの量を打っていないので効果の程はよくわからず・・・。
毎日同じものばかり食べるわけではないので、一概に比べようもないわけですが、なんとなく数値は落ち着いているような?!

結局、血糖値の上がりやすい朝に2単位、外食したり糖分の多いものを食べそうだなという時にも使用する、ということで、インシュリンを妊娠期間中使用することにしました。
この単位は急に上げたりするのは危険だけれども、効果がなければ少しづつ量を増やすことも可能とのこと。

なので、たまには甘いものを食べてもOK。
食事の量もバランス良くたっぷり食べることに。

糖尿病の先生には、出産も私が予約しているクリニックより、大きなオピタルにした方がよいのでは?と提案されたのですが、後からジネコと話し合った結果、クリニックでも問題ないだろう、ということになりました~。

そして週末は病院がバカンス?!ということで、3日半で帰ってきました。

家に帰ってきてからも、甘いもの(ケーキとかチョコとか)は控えていますが、果物は食べてるし、食事の量もあまり変わってないです。
ただ、違うのは食事のバランス。どの栄養素も偏ることなく、炭水化物、たんぱく質、ビタミンetcを1回の食事にきちんと適量入れること。
それと程度な運動をしていれば、後3ヶ月乗り切れそうです!

>長文を読んでくださってありがとうございます。少しでも参考になればうれしいです。
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
懐かしい
KEIちん | URL | 2009-05-05-Tue 13:33 [EDIT]
私も血糖値が高くて。。。。毎日家で血糖値はからされてた。指先チクッとやるそれです!でも妊娠糖尿病とまでは診断されなかったなぁ。。。。食事に気を使って。。。。なんとかのりきりました。なんだかとっても懐かしいなぁ~。
さっちー | URL | 2009-05-06-Wed 04:25 [EDIT]
ずっと以前に血液検査して、朝からのデニッシュとかは控えるように!って言われてなかったっけ??
妊婦の食事制限って大変だよねー。私なんて「出産したらドーナツ食べる事」が楽しみだったよ・・・
残りの3ヵ月頑張って♪
>KEIちん
Youkila | URL | 2009-05-06-Wed 21:27 [EDIT]
血糖値が高かった時点で妊娠糖尿病ですよ~。でも出産後数値が落ち着けば、これもいい思い出?かね~。
>さっちーさん
Youkila | URL | 2009-05-06-Wed 21:30 [EDIT]
それは、血糖値の話ではないよー。
こっちにきても朝クロワッサン食べたりはしてないの。

いかに痩せないで後三ヶ月乗り切るか!が私の今の課題です~。
ヒロタキ | URL | 2009-05-08-Fri 07:16 [EDIT]
祖父がリアル糖尿で亡くなったのだけれど、
朝の血糖値は4桁だったりしましたよ…
はともかく、欧米の人と代謝が違う面があるのでは?
と思ってしまった。
うちのかみさんは妊娠中に毎食ケーキ1個食ってたと出産後カミングアウトしました。
工エェ(´Д`)ェエ工
そりゃ巨大児になるわ、と。
でも食べたいストレスよりは良いのかなっと。
なにより体に気をつけてね!
>ヒロタキさん
Youkila | URL | 2009-05-08-Fri 19:51 [EDIT]
4桁の糖尿病って・・・汗。
糖尿は痩せてても家系が大きく響くらしいので、ヒロタキしゃんも検査してみた方がいいかもよ~。
しかし、奥様の毎食ケーキはすごい!
よほどのケーキ好きw?
でも大切なのは赤ちゃんが無事にすくすく育ってくれること。
赤ちゃんさえ元気なら・・・って感じだよね。
cc-rist | URL | 2009-05-13-Wed 16:48 [EDIT]
妊娠糖尿病の検査はしたけれど、それにひっかかった後にこんな入院治療があるなんて、全く知りませんでした~。
まあでも家だと全く制限できない人っているでしょうから、こういうのも必要なんでしょうね。

甘いものけっこう食べる私は幸運ながらひっかかりませんでしたが、普段は健康に美味しく食事して、ご褒美にごくたまに甘いもの食べて、残り3か月乗り切ってくださいね!
Copyright © 2005 **Dailyma from Paris**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。