• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
**Dailyma from Paris**
フランス・パリ在住のYoukilaです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「ピカソ・マネ 草上の昼食展」を見にオルセー美術館へ。
天気のよい日だったので、家から20分ほどかけて歩いていきました。
54_DSC00701.jpg
もうパリはすっかり秋模様・・・。

途中、Invalidesで警察のイベント?をやってました。
56_DSC00704.jpg55_DSC00703.jpg
子供達が消防車やパトカーの中を見学できたり、記念撮影したり。
5B_DSC00709.jpg5A_DSC00708.jpg
ロッククライミングにも挑戦。
警察犬のショー?や、セーヌ川では人命救助のショー?なんかもやっててかなり子供達に大うけなイベントだったみたいです。はしゃいでる子がたくさんいて、かわいかったw。

その後目的地のオルセーへ到着。思ったほどの混雑でもなくすんなり中へ。
目当ての「ピカソ・マネ展」がかなりの行列だったので、併設の絵画と建築の展示をゆっくり見てご満悦。
今回初めてオルセーの中にあるカフェに行ってみたw。
カフェがあるのは5階で、あの大時計の裏。
61_DSC00715.jpg
がんばって時計のそばに座りました~。
(なにも言わないと遠い席にされてしまうので、「時計のそばがいい~」と言いましょうw)
値段もそこそこ(カフェクレームとケーキで10ユーロ程)なので、美術館見学中の休憩にオススメです。
はっ、と気づいたら5時。展示の入場が5時半までだったことを思い出し、あわててピカソ・マネ展へ。

マネの代表作とも言われる「草上の昼食」。その作品に影響を受けたピカソは約2年間(1961~1962)にわたり同じくこの「草上の昼食」を連作として創作し続けました。
man_001.jpg
こちらがマネの「草上の昼食」。
これがピカソの手にかかると、
man_002.jpg
こうなったり、
man_003.jpg
こうなったりする(笑)

展示された「ピカソの草上の昼食」は約25点。
なぜそこまでこの作品に執着したんでしょうね・・・w。どの作品も「今度はこうしてみよう」みたいなピカソの茶目っ気が見えて面白ろかったです。

5F_DSC00713.jpg
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
おもしろいですね~♪
夜日子 | URL | 2008-10-19-Sun 14:01 [EDIT]
私も行きたくなってきました!
帰ってからでもやってるかしら?
Grand Palaisでピカソ展やってるそうですね。
実家の近所の百貨店でもピカソ展やってます。
ピカソだらけや(笑)
行かなきゃ!
ginta | URL | 2008-10-19-Sun 18:00 [EDIT]
知らなかったです...恥ずかしながら。。。
私も時計の文字盤の近くの席で、カフェしますね♡ 
>夜日子さん
Youkila | URL | 2008-10-20-Mon 09:35 [EDIT]
そうそう、今パリのあちこちがピカソなのよね。
実家の百貨店にまで飛び火?してるとはおもしろい!
>gintaさん
Youkila | URL | 2008-10-20-Mon 09:37 [EDIT]
コメントありがとうございます~。
お休みの日にゆるりと訪ねてみてください。
混んでたりするとちょっと美術館って疲れますが、カフェ休憩で復活できますよ~☆
ピカソの初歩
kimiko hirose | URL | 2008-10-22-Wed 11:15 [EDIT]
ピカソの絵はどうも解らなかったけれどこのように対比して載せて頂き凡人の私にも「なるほど」と・・・ それほど沢山あるとは知りませんでした!!  ありがとう!!
>kimikoさん
Youkila | URL | 2008-10-23-Thu 10:07 [EDIT]
そういう意味ではとてもわかりやすい展示でしたね。
ピカソが何を考えて、どうやって制作が進んでいったのかがよくわかりましたよ!
Copyright © 2005 **Dailyma from Paris**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。