FC2ブログ
  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
**Dailyma from Paris**
フランス・パリ在住のYoukilaです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
クラスメートのベルギー人(女子)に「今晩うちにこないか?」と誘われた。たいして普段親しくもしていない私をなぜ?と思い理由を尋ねると、一緒のホストファミリーにお世話になっている日本人(女子)の様子がおかしいので会ってあげてほしい。とのこと。

フランス語を勉強しに渡仏してきた彼女、フランス語もおぼつかない上、英語も全く話せないらしく、ホストファミリーともうまくコミュニケーションがとれず、家に帰ってくると部屋に閉じこもって食事もとらないのだとか。

確かに海外での生活は大変だ。
私もイタリアに行った時は、最初の3ヶ月で6キロやせた。
その理由はやはりコミュニケーション。ルームメートとのいさかいが絶えず、食事をすることも億劫になってしまった。

そのときのことを思うと、手を差し伸べてあげたいのは山々。

だけど、自分がそういう状況になったとき、今となって一番のアドバイスだったと思うのは、イタリアに15年以上住んでいた日本人女性の言葉。

「帰りたいなら、今すぐ帰りなさい。残るなら自分で立ちなさい。」

そのときは、なんて非情な人なんだ!と涙したのだが、今となっては本当にお感謝。その後、とても仲良くなった彼女にこの話をしたら「そんなこと言ったっけ??あはは!」と笑っていた。

自分の人生、責任は自分でとらないと。

ベルギー人に家を訪ねるのを断ったと共に一枚の紙を渡した。

「がんばってドアを出て、電話してください」

彼女が電話してくるかはわからない。
今の彼女にとってはこの電話もかなり勇気のいることだろう。

電話がかかってきたら、暖かく迎えてやりたい。
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
アロハマン | URL | 2007-07-28-Sat 14:07 [EDIT]
そ、だね。
最適(もっとも適した判断)な
対処の仕方です。
大人への道は険しい。
shalan-shalan | URL | 2007-07-28-Sat 18:50 [EDIT]
yuki cyan, yappa yasashii!!!
sono hito wo omotte no kusuri desunev-22
管理人のみ閲覧できます
| | 2007-07-29-Sun 16:32 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
yuki | URL | 2007-07-30-Mon 09:53 [EDIT]
>アロハマンさん
こうやってどんどん(不必要に?)女は強くなっていくわけですよ~。

>shalan-shalanさん
やさしいというかね、がんばってくれよ!っていう男気だねv-91。最終的に電話かかってこなくてもその子が幸せになれればいいわけだから。。。

>hato
なんでいつも非公開コメントv-519?なのかにゃ?
Copyright © 2005 **Dailyma from Paris**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。