FC2ブログ
**Dailyma from Paris**
フランス・パリ在住のYoukilaです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
慌しい一週間でした。

先週の金曜、友達とご飯を食べている際に彼女のお父様が亡くなられたとの連絡が入り、食事を切り上げて急遽帰宅。
その話をさんにしていた最中に、今度は彼の携帯が。。。
そして知った「DADI(彼の祖父)の死」。
あまりのタイミングにびっくりしたのもあるけれど、ノエルではあれほど元気だったDADIがこんなにも早く逝ってしまうなんて予想もしていなかったので、二人して言葉を失ってしまいました。

次の朝、ノルマンディに駆けつけるとDADIは安置所に納められるということで家にはいなかったのですが、一人残されてしまったDIDA(祖母)が亡くなる前の様子や、それから何が起こったのかを話してくれました。具合が悪くてベットに横になったDADIに「SAMU(救急車)を呼ぼうか?」と聞いたら「いい、このままベットで休ませて」と言ったのが最後だったそうです。



全員が揃ったところで、安置所へさよならをしに。

こちらでは土葬が一般的なのですが、お葬式の時にはすでにお棺が閉められてしまっているので故人に会うチャンスはないのだとか。

DADIはすやすやと眠るように横になっていました。

日曜の夜には一度パリへ。
そして、火曜の夜に再びノルマンディへ戻り、水曜にお葬式+埋葬をしてきました。

2月1日には90歳の誕生日パーティを盛大に開く予定だったのに。。。
とっておきのサプライズプレゼントも用意していたのに。。。

もっとこうすればよかった、ああすればよかったという後悔はつきませんが、いつも私のフランスでの生活を心配してくれていたDADIが安心できるように、一歩ずつ前進していければと思います。

DADI、どうぞ安らかに眠ってください。
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 **Dailyma from Paris**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。