FC2ブログ
**Dailyma from Paris**
フランス・パリ在住のYoukilaです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
打ち合わせで制作プロダクションHへ。なぜか打ち合わせになるとお腹が急に減る私。いつも、「キュー」って音がなりそうなのをこらえてます。平和に終わった打ち合わせの後もハラペコになってしまい。。。 D1000148.jpg 茂みにかくれたかわいい看板を発見。吸い込まれるように地下のお店へ。 「メルシークレープ」 そこは、大都会のど真ん中とは思えないくらい地元の子供達が集まる憩いのクレープ屋さんでした。おいしかったれす。
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : WWW
発想がくだらなくてGOOD!なサイト
DATE : 2007-02-23-Fri Comment 0
AXEというアメリカ(?)のシャワージェルの宣伝サイト。どんどん汚して、きれいにしよう!的なコンセプト? STARTボタンを押すと、ゲームがはじまるのでキーボードの←→ボタンを使って、転がり落ちる二人を汚そう。 gel.jpg サイトはこちら ゲーム的にはたいしたことないけど、発想が笑える。エッチくさいSEも。ちなみに上部アイコンのDIRTY TVというアイコンをクリックすると、同じコンセプトのTV-CFが見れます。 一貫してるところが○。
page top
CATEGORY : Films
「わんぱく王子の大蛇退治」を観た。
DATE : 2007-02-21-Wed Comment 0
1963年に公開された東映動画作品「わんぱく王子の大蛇退治」を観ました。所々観たことはあったのですが、全編通して見るのは初めて。 wanpaku.jpg 日本神話のスサノオノミコトの八岐大蛇退治をもとにしたこの作品。話の内容は神話がベースなだけに多少強引な部分もあるのです(笑)が、動画の迫力、色彩設計のモダンさ、的をえた美しい表現の特効、響く音楽、どれもすばらしい。特にクライマックスの八岐大蛇との闘いのシーンは大蛇達の首がうねる空間の表現や天馬に乗ったスサノオの飛翔のテンポなど、ものすごい演出だと思う。 目からうろこがボロボロ。まだ見たことない方、ぜひ見るべし。 http://www.toei-anim.co.jp/lineup/movie/wanpaku/
page top
CATEGORY : Daily
すごいおやじさん?
DATE : 2007-02-20-Tue Comment 0
コンビニでレジへ。前に並んでいたおやじさんが精算をはじめるところ。 決して裕福そうには見えないおやじさん、手にはワンカップやら、ビールやら、つまみやら。 -朝からちょっとうらやましい(笑)。どかどかっとレジ台に商品を落とす。ちょっとけむたい顔をしてレジの女の子がバーコードを裁きはじめる。するとおやじさん、ポケットからグシャグシャっとお札もコインもいっしょくたんに取り出してレジ台の上にゴソッとおいた。なんにも見えていないかのように黙々と値段を読み上げ、商品を袋につめていくレジ嬢。 「1856円です」 レジの一部のように機械的に合計金額を読み上げた。 するとおやじさん、さっさと袋を受け取って店の外へ。 「え?」(←私) 当り前のようにおやじさんが置いたレジ台の上のお金をレジに収めようとしてるレジ嬢。 収めながら数えていたが、なんとお金はぴったり1856円。 合計金額言われる前にポケットからゴソッとお金取り出して置いただけだったのに。。。なんでピッタリ?どこかにトリックが? 店の外を見るとおやじさん、すでに一本目のワンカップを飲干しかけていた。。。
page top
CATEGORY : Daily
バースデーディナー
DATE : 2007-02-18-Sun Comment 0
だんだん喜んでいいのだか、悲しんでいいのだかわからなくなってきた誕生日(笑)。おいしいディナーが食べれるのは幸せってことで。 今回は恵比寿にあるA ta gueule<アタゴール>というフレンチのレストランにつれていってもらいました! A ta gueule http://www.eatpia.com/atagueule/index.html ここは、日本では珍しいトナカイの肉が食べれとのことで。。。そんなに珍しいって知らなかったんで私は別のものを注文してしまった。。。(汗)だけど、相方のを味見させてもらったら癖のない柔らかいお肉でした。 席の数が少ないので予約した方がよいですが、落ち着いた雰囲気でオススメ。
page top
杉並区桃井2丁目での殺人事件、犯人つかまりましたね。家が結構近所なので、つかまってよかった!と思うのと共に犯人のあまりにも 「普通のお兄ちゃん」 な顔を見て、余計恐くなりました。もっとさ、凶悪犯!みたいな顔しててくれないと逆に恐い~。 こういう住宅地、と言うところにあまり住んだことがないので、夜の静けさとか暗さになかなか慣れません。
page top
CATEGORY : Daily
くやしかったので。
DATE : 2007-02-13-Tue Comment 0
がーん。 こんなことがあったので、そのもち米をつかって中華ちまきを作ってみました。こんなん。 開けるとこんなん。 我ながらうまかったっす。 まだ半分以上もち米は残っていますが。。。
page top
なんか、いまいち調子がでない毎日で。今日は、今さっきまで祝日ということに気がついていませんでした。言われてみれば、中央線は阿佐ヶ谷と高円寺に止まらなかったし、事務所の周りは妙に静かだし、J-waveではいつもと番組違うし・・・。よく聞けば「ホリデースペシャル~!」とか言ってるし。。。 どっちにしても仕事なんだけど(笑)ちょっと損した気分。 なんだかなぁ。
page top
今日、スーパーに行ってお米を買いました。 帰ってよくみたら、 もち米でした・・・。 しかも、こんなに大きく書いてある・・・。 D1000143.jpg 自分で自分をフォローできませんでした(・・・涙)。 どうしよう、このもち米。
page top
クラインアントからかなりのリテイクがきました。(涙) 今回のクライアントは海外(東南アジア)の方なので当り前といえば当り前なのだけど、感覚の差があります。画コンテの時点ですでにいろいろ出てきてたのだけど、例えば「木」を描いてください、と言われた時。こちらは杉の木みたいなの描いて出したんだけど、向こうのコメントは「もっと普通の木にしてください」。そうそう、東南アジアには針葉樹はないのね。普通って広葉樹?それともやしの木? 後は、海の色。見せた海の色に対して彼らの反応は、「どうしてこんなに暗いの?普通の海の色にして」。そうだ、彼らの海はこんな色じゃない。もっとオーシャンブルーの海で泳いでいるのだ。言われてみると私たちのは、ちょっと日本海っぽい色かも(笑)。 ・・・なんてことになってます。 おもしろいなーと思いつつ、期限内にどうやって直そうか思案中。 やばい、時間がない。
page top
CATEGORY : Films
「ピンチクリフ・グランプリ」を観た。
DATE : 2007-02-06-Tue Comment 0
尊敬するアニメーター、アロハマンさんが30年ほど前に観て衝撃を受けた(!)というノルウェーアニメーション「ピンチクリフ・グランプリ」。ただいまシアターN渋谷で公開中につき観てまいりました! こちらは会場入り口に飾られていたキャラクターのソラン。 ハリネズミのルドビグ。
page top
日曜。知り合いの作品展を2つ拝見。 ひとつは造形作家の鈴木尚和さんの作品を新宿パークタワーのリビングデザインセンターOZONEにて。 「JAPANブランド」 SPAZIO WORKS NEWS by Hisakazu Suzuki 地方の特産品を生かし、さらにデザインを整えて、海外に発信していこうというコンセプトがいいですね。鈴木さんの作品(グルーミングセット)も素敵でした。個人的には輪島塗を使ったボタン、バックルがきれいでした。 その後、先日ブログで紹介した二階健さんの作品展へ。 http://www.neve-b.com/dailyma/2007/01/post_11.html いいねぇ。二階ワールド炸裂。写真作品にトライしたのは初めてと言ってたけど、ぜんぜんそんなこと感じなかった。イメージがしっかりできてるから、デジタルとかアナログとかそういうことはどっちでもいいやって感じ。絵本もあったのですが、Mr.Painの話が好きです。 対照的のような2つの作品展でしたけど、ハートがどちらからも伝わってきていい日曜でした!
page top
colo.jpg イタリアに住んでいたときの同僚達と新年会。今はみんなそれぞれの生活しているけれど、一時代、イタリアで一緒に生活したという繋がりはとても貴重で大切な仲間達です。 その場で、当時私たちが働いていた会社の社長が脳溢血で突然倒れ、亡くなったことを聞きました。しかも、たった数日前の出来事だそうで。その数日後に私たちがこうやって集まっていることに因縁めいたものを感じてしまいました。 決して褒められた会社ではなかったし、社長も無茶苦茶な人だったけれど、こうやって私たちが知り合えたのは社長のおかげです。イタリアでの生活は私の人生に大きな影響与えてくれました。そのチャンスをくれたのは彼です。 ありがとうございました。 安らかに眠ってください。
page top
昨晩はOさんとMさんとおいしいイタリアンをいただきながらミーティング。数年ががり?のプロジェクトがやっと今終結しようとしています。 よっしゃ。 作品が皆さんの目にふれる日も近づいてまいりました!!楽しみだ。 Oさん、いつもながらご馳走様です!阿佐ヶ谷のバーもいかしたところでしたね!あ、また写真撮るの忘れた。・・・食べるのに夢中で・・・。
page top
CATEGORY : Films
映画「パプリカ」を観た。
DATE : 2007-02-01-Thu Comment 0
2日でレイトショーが終わってしまうということで慌てて観てきました。今監督作品、「パプリカ」。 paprika.jpg まず、音楽がすごくよかったです。平沢進さんというテクノミュージシャンの方が担当されているだけど、とてもよかった。映像の迫力もすばらしく、夢と現実のはざまの表現や、なんとなく夢のドヨーンとした感じが良くでてて思わず「おおお!」って感じでした。 この上記2点を感じるためだけでも劇場で見る価値大有り。 ・・・なのですが、どうしても私の中でかみ合わない部分がありまして。。。 たぶん、私は夢だか現実だかわからない世界にどんどんキテレツな映像が飛び込んでくるっという映像表現自体があまり得意ではないらしい(笑 言ってることが矛盾してますかねぇ)・・・です。逆にいうと、ポスター等にも使われてる、いろんなもの(招き猫とか、フランス人形とか、日本人形とか・・・)が行列を作って闊歩するという表現が「キテレツ」とか「摩訶不思議」を表していると思えないんですよね。。。見終わったときの感覚として、「千と千尋」を観たときの感覚に近かったんです。もちろん話の内容も表現も違うんですけど。 「画はあんなにきれいで、迫力があって、すばらしかったのに、なぜ自分の中でイマイチかみ合ってない感じがするんだろう・・・。」 って思ったんです。 ・・・頭が固いのかな?
page top
Copyright © 2005 **Dailyma from Paris**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。