FC2ブログ
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
**Dailyma from Paris**
フランス・パリ在住のYoukilaです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
我が家が「Okonomi Yohei」に大変身!
okonomi-002.jpg
華麗な手さばき(!)でお好みをさばく店長。広島風だす。
okonomi-013.jpgokonomi-016.jpg
久しぶりに食べました~。広島焼き おいし~
okonomi-010.jpg
ご来店のお客様方も大満足のご様子。

ねぎと間違って買ってしまったニラも、心配していたキャベツの固さも全く問題なく大成功。
本当におしいかったです・・(しみじみ)。




あれ↓お客さんも挑戦ですか?
okonomi-018.jpg


ご馳走さまでした!
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : Out of Paris
リヨンに行ってきました。
DATE : 2009-02-21-Sat Comment 2
リヨンまではTGVで2時間ほど。今回はiDTGVというネットで買えるTGVのチケット(購入はSNCFのサイトより)を使用したので、ファーストクラス片道一人38ユーロと激安。
本数は少ないですが、気ままな旅にはぴったり。車両はTGVの人とiDTGVの人用に分かれていて、iDTGVの方は最新の車両ではなかったですが、別に汚いわけでもなく全く問題なし、でした。

【街歩き篇】
寒かったけど、天気は良くて気持ちよかったです。古本屋を覗いたり、旧市街を歩いたり、美術館を訪れたり、楽しい街歩きになりました。
DSCF2755.jpgDSCF2757.jpgDSCF2761.jpgDSCF2763.jpgDSCF2765.jpgDSCF2767.jpgDSCF2768.jpgDSCF2770.jpgDSCF2777.jpgDSCF2780.jpgDSCF2783.jpgDSCF2784.jpgDSCF2786.jpgDSCF2789.jpgDSCF2797.jpg

【食べ物篇】
今回もいっぱい食べたなぁ。
lyonfood_01.jpglyonfood_02.jpglyonfood_03.jpglyonfood_04.jpglyonfood_05.jpg

【お気に入り篇】
とても可愛かった壁画。写真に写っている窓、ドアは全部絵ですよ。壁画に登場するのはすべてリヨン出身の有名人。誰が誰かな?
lyonwall_01.jpg
lyonwall_02.jpg
lyonwall_03.jpg

リヨンはパリに比べてきれいでよくオーガナイズされている、という印象を持ちました。地下鉄なんかもとてもきれいだったし。
リヨンの人はパリジャンみたいにうるさくない?と、さんは感じたようです。。。ヨ。
page top
CATEGORY : Out of Paris
Viaggio in ITALIA 【ローマ・観光篇】
DATE : 2008-09-27-Sat Comment 10
観光1日目[午後]
ホテル~コロッセオ~フォロロマーノ~ナボーナ広場
roma_001.jpgroma_002.jpgroma_003.jpg
まずは地下鉄に乗ってコロッセオへ。大好きなコロッセオまた会えてうれしいよ。
roma_004.jpgroma_005.jpgroma_006.jpg
昔会社があったVia del colosseo近くでお茶をしてからフォロロマーノをゆっくり歩き、その後ナボーナ広場へ。教会を見たり、露店を見たり。
夕食はナボーナ裏手の小さなトラッテリアへ。さhはサルティンボッカ(ローマのお肉料理)が気に入ったらしい。

いや~、相変わらずローマは古いものがゴロゴロしてますね(笑)

2日目
バチカン(サン・ピエトロ)~サンタアンジェロ城~パンテオン
roma_007.jpgroma_008.jpgroma_009.jpg
相変わらず圧倒的な迫力と静けさ両方を兼ねそろえた、サンピエトロ。
roma_010.jpgroma_011.jpgroma_012.jpg
またもや、登っちゃいました。徒歩とエレベータで選べたので、エレベータにした(父のためによ!)んだけど、エレベータは途中まで。後300段近くの階段は自力で。
roma_013.jpg
大変だったけど、登った先には絶景が!ローマ全体が見渡せます!
roma_014.jpgroma_015.jpgroma_016.jpg
サンタンジェロと、パンテオン。パンテオン傍の大好きなジェラートも食べれて大満足

よく歩きました~!

3日目
骸骨寺~トレビの泉~スペイン広場~ローマ国立博物館(マッシモ宮)
roma_017.jpgroma_018.jpg
バルベリーニ駅からサンタ・マリア・コンチェツィオーネ教会(通称:骸骨寺)へ。ここはツアーなどでは絶対いかないであろう、マイナーかつコアな場所。教会自体は普通なのですが、別階には・・・。
写真撮影はできない場所なので、発見したHPにリンク。
・・・すべての装飾が人骨でできた納骨堂です。
人によっては、「気持ち悪い」と引いてしまう人もいると思うのですが・・・私は「人間って死んでも美しくいられるんだな」という気持ちになったな。ま、火葬されたらこんな風には残りませんが・・・。

その後、気分を変えてトレビの泉+スペイン広場へ。
相変わらず、混んでた(笑)トレビでは今コイン投げできないのね。。。結構いい収入になると思うんだけど、どうしてだめなんだろう?ローマ市さん?

コンドッティ辺りをウィンドーショッピング見てみましたが目新しいものは見つからず、FERREにえらく素敵な鞄がありましたが、1850ユーロでした・・・(涙)そりゃー素敵でしょうよ。

4日目
早朝に両親はローマを出発。一緒にローマのフィウミチーノ空港へ。
チェックインを済ませて、涙涙?のお別れ。二人ともよく歩いた旅でした!
私達はEASY JET(←安い!)でパリまで帰るので夜便+シャンピーノ空港(←初めて使用)。
時間がたっぷりあったので、テルミニからバチカンまで歩き!バチカン博物館を歩き回るという最後にどっぷり疲れる(笑)日程をこなしてパリにもどりました~。

久しぶりに訪れたイタリア。
やっぱ好きだなぁ(パリよりもw)
ベネツィアには父のアトリエがあることだし、これからも行く機会はありそうだけど、ローマにはなかなかこれないだろうし。ゆっくり滞在とはいかなかったけど、いろいろ見れてよかった!

roma_020.jpg

ローマの空の広さが大好き。
page top
CATEGORY : Out of Paris
Viaggio in ITALIA 【ローマ・チェックイン篇?】
DATE : 2008-09-27-Sat Comment 0
9月14日。
フィレンツェよりローマに移動。
ローマは私が1997年~1999年まで(グェ、10年前!)過ごした思い入れの強い街。
久々に訪れることになってうれしい
そんなワクワク気分でテルミニ駅へ到着、駅のそばに予約したホテルへ。

すると・・・


ホテルがない。
ちゃんと書かれた住所に来たのに・・・


ホテルがない~!


なんと、ホテルがなくなっちゃってました ありえね~。

私は、日本のエクスペディア経由でこのホテルを予約したんだけど(その方がユーロで払うより安い!)すでに料金は支払い済み・・・。
なのに、ホテルがないのだ。

不安そうな3人の視線を感じながら、となりのホテルのレセプションに聞いてみると、1週間前に突然ホテルを閉めてしまったらしい。私のような予約客がみんなここに尋ねにくるらしいのだ。
なんなら、うちのホテルに泊まれば?と誘ってくれたが、料金が高・・・。

日本のエクスペディアに電話したのだけど時差の関係で営業時間外。。。いや~ん。

とりあえず、みんなをレストランに座らせて、駅周辺でホテル探しをすることに

しばらく聞きまわった結果、ファミリールーム(メゾネット形式で2部屋+バスルーム)という部屋を見つけそこに滞在することになりました。とってもいいホテルが見つかってよかった。部屋はきれいだし、大きいし、(ドイツ系のホテルらしくw)スタッフはいい人ばかり・・・事情を聞いて快く部屋を提供してくれたのれす。
「We will do our best for you!」なんて言ってくれて・・・(涙)

決して、イタリア、フランスでは聞かない言葉だ~!!!!!




そんなこんなでバタバタのチェックインでした!
荷物を置いてから、こんなこともあるもんだ!と大笑いしてしまったヨー!

午後から気を取り直して観光です! 



追伸:
次の日にエクスペディアに電話すると・・・
1週間前に問題のホテルから、消防法にひっかっかって1ヶ月の営業停止になったと連絡があったらしく、代わりのホテルを予約していてくれたらしいのですが・・・
その連絡をなぜかFAXで実家に送ったらしく、もちろん私達は出発済み。FAXなんてみれるわけない・・・。
せめてなんでメールじゃないんだ?アドレスわかってるのに・・・。
ま、無事返金もしてもらえることになったので、忘れることにしよっと。
page top
CATEGORY : Out of Paris
Viaggio in ITALIA 【ピサ篇】
DATE : 2008-09-22-Mon Comment 4
フィレンツェ滞在中にピサに日帰り旅行。

フィレンツェSMN駅より電車で1時間ちょっと。こういう近郊行きのチケットはTABACCHI(タバッキ)という売店で買えるので楽チン。
ピサに行く電車は20分おきぐらいにあるので時間も気にせず駅までいけるものうれしい。

車中はのどかな田園風景をゆったりと~♪

ピサの駅からドォーモ周辺まで歩く(約20分)のがオツだと思うのだけど、今回は両親が一緒だったのでバスに乗りました。

門をくぐるとそこには
pisa_001.jpg

テンションあがる~
なんでかわからないけど、好きなんですよ、ピサ。

だって、
pisa_002.jpg
こんなに傾いてるんだもん~。←当たり前?

もちろんドォーモや洗礼堂、美術館も堪能しましたが、今回のメインイベントはやはり、

斜塔登頂!

以前来た時には登れるって知らなかったんですよね、なので今回登れるってことがわかってうれしかった!
pisa_003.jpgpisa_004.jpg
階段をひたすら登る!
フィレンツェのドォーモに比べると途中で休める踊り場部分があるので、時々一息つきながら。。。
pisa_005.jpgpisa_006.jpgpisa_007.jpg
途中からは、こんな階段!?に!
あがるたびに塔の傾きがきもちわるーい感覚に!
言葉にできないけど、傾いているところを歩くって気持ち悪いのよ(笑)

脚の調子のよくない父も無事に登りきれて一安心

HPから日時指定で予約できるのですが、当日でもチケットオフィスで受け付けているようなので、訪れる機会があったらぜひ登って!
pisa_008.jpg

ところで。
もちろんお決まりショットもいただきました~。
pisa_009.jpgpisa_010.jpg




page top
CATEGORY : Out of Paris
Viaggio in ITALIA 【フィレンツェ篇】
DATE : 2008-09-21-Sun Comment 8
9月8日。ES(ユーロスター)にてフィレンツェへ。
2等車だったけど、新しい車体でとても綺麗

S.M.N駅(フィレンツェ サンタ・マリア・ノベッラ)に到着後、タクシーでアパートへ向かう。
荷物があったのでタクシーを使ったけど、フィレンツェはとても小さい町なので余裕で歩けそう。
私達がアパートを借りた地区は観光中心地からちょっとずれていて庶民的な地区。
家具の修理屋さんや、アンティーク家具屋が並ぶ職人街でした。
fire_002.jpgfire_003.jpgfire_004.jpg
近所には大きな市場もあって、生活しやすい!地区。ドラム缶のようなチーズ。

2寝室+ダイニングキッチン+バスルーム+お庭の間取りで6日間730ユーロ。(寝具、水道、光熱費込み)
ホテルに滞在することを考えたら、ずっとお得でイタリアンライフをプチ体験できるし、オススメ。
Fire_001.jpg
アパートの庭。部屋はすぐ散らかってしまったので写真はスキップで(笑)

fire_005.jpgfire_006.jpgfire_007.jpg
ドォーモや、洗礼堂、メディチ家礼拝堂、宮殿、ピティ宮、ウフィツィ美術館、アカデミー美術館などなど主要な観光名所は1日一箇所くらいにして、後はゆっくり街歩き。
フィレンツェは写真NGのところが多い気がしますね。大好きなダビデ像も目に焼き付けてきた!
相変わらずの美しいボディでしたわ~。

若者(?)チームはドォーモのクーポラにも挑戦。
fire_008.jpgfire_010.jpgfire_009.jpg
階段をひたすら上り、眼下にさっきまでいた教会内を見ながらさらに進み・・・
fire_011.jpgfire_012.jpgfire_013.jpg
たどり着いたクーポラ頂上からの眺めは、最高~。
天気もよくて気持ちいい風が通り抜け、周りの景色にもうっとり

登り階段は結構きつかった脚の調子が良くない父は止めておいて正解だったかも。
たくさんの人が一列になって狭い階段を一気に上がっていくので、途中で止めるとか休むとかが難しかったと思う・・・。抜かしてもらうことも困難だったかも。

もちろんおいしいモノもたくさん食べました~。その中でも一番楽しみにしてたのが、
fire_014.jpgfire_015.jpgfire_016.jpg
ビフテッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)!おいしいと評判のレストランを事前にチェックして行ってきました!とてもフレンドリーなよいお店で、ワインもおいしく、みんな上機嫌でお肉を堪能!おいひかった~。

両親的には日本の神戸、松坂のようなサシの入ったお肉の方がおいしいと思ったかもしれないけど、だんだんヨーロッパ肉に慣れてきた(?)私としては赤身肉のおいしさを堪能。
fire_017.jpg
一瞬こんなすごい雨も降りました、フィレンツェ。久々の雨だったそう。

page top
CATEGORY : Out of Paris
Viaggio in ITALIA 【ヴェネツィア篇】
DATE : 2008-09-20-Sat Comment 4
9月2日。
パリの空港にて日本からやってきた両親と待ち合わせ、一路ヴェネツィアへ。
アルコポーロ空港から、バス、ヴァポレット(水上バス)を乗り継いでやっと家へ到着!
ヴェネツィアには6日間の滞在予定なので、ゆっくりヴェネツィア気分に浸りたいと願う。
venezz_001.jpgvenezz_002.jpgvenezz_003.jpg
まずは諸々観光名所へ。綺麗だけど混んでてとてもゆっくりできる雰囲気ではなかったかも
極寒(?)のパリからだったので、イタリアの日差しにクラクラ気味。もっとゆっくりヴェネツィア気分を味わおう。
venez_004.jpgvenez_005.jpgvenez_006.jpg
家の近所の散策を中心に。
歩いているだけでこんな素敵な風景にどんどん出会える。さすが水の都ダス。
venez_007.jpgvenez_008.jpgvenez_009.jpg
おいしいモノもたくさん食べ
venez_012.jpgvenez_010.jpgvenez_011.jpg
蚤の市に行ったり、教会でオペラを見たり、ガラス工房を見学したり。
毎日充実して過ごせました。

ヴェネツィアはイタリアの中でも物価が高いと聞いていたのだけど、パリよりはましな気がしたなー。やっぱりパリが異常?
食事はだいたい一人25ユーロ(4人で100ユーロ前後)くらいでしてました。一度だけ行ったちょっと高級なレストランはこれの倍以上したけどね~。
ま、円に換算するとも高いけど。。。

9月7日にはRegata Storicaという伝統的なゴンドラレースのイベントが。
venez_013.jpgvenez_014.jpgvenez_015.jpg
さん両親の計らいでとてもいい席で堪能することができました~。

年に数回は水面が上昇し、水浸しになってしまう街。
いつかは沈んでしまうのでは?と言われる街。
現段階では、早々に沈んでしまうことはないとは思うけど、水と向き合ってうまく付き合いながら生活しているヴェネツィアの生活方法が垣間見れてとても楽しかったレス。

ところで!私個人的に懸案事項だったイタリア語会話!!
ぜんぜんだめ~伊語を話そうとしてるのに、仏語がでてきちゃう。。。
仏語と英語が混じることは絶対なかったのに、伊仏は・・・・やばい・・・。
まずなにしろ、「Si」じゃなくて、「Oui」ばかり連発してしまう私・・・。
滞在中に少しは勘がもどるだろうか・・・。

そんな不安を胸に、フィレンツェに移動です。
venez_016.jpg
またに~ヴェネツィア!
page top
CATEGORY : Out of Paris
ウォーキングの旅 【そのご】
DATE : 2008-07-25-Fri Comment 10
さて、いつかめ。
今朝二人で話し合い、今後の日程を決定しました。
ここから2日かけて(もちろん、歩いて)行く予定だった最終目的地CONQUE。
私の足はサンダルを履いている分には普通に歩ける程度に回復。
DSC00572.jpg
かっこわるい~(笑)

だけど、後二日間私が歩くのは(しかもサンダルで)無理だろう・・・というかそこまで無理すると帰ってからが大変だろう・・・と言うことで、今日中にCONQUEの街に行ってしまうことに。

手段は・・・そう、もちろんヒッチハイク

いや~、完全に趣旨が変わってきてしまいました(汗)
もう手を挙げることに抵抗感すらなくなってしまいましたよ~。

と、思って手を挙げようかとしたら地元のお姉さんが
「どこ行くの?車探してるなら乗っけてあげようか?」
と声をかけてきてくれた!すごい!こんなことがあるなんて!!天使か?

と思ったら走り始めて10分程で、
「じゃ、私の家ココだから!」と国道横で降ろされた

ゲゲ。
天使ったら意外とあっさりしてるのね・・・(涙)

仕方ないので、国道まで歩いてもう一度ヒッチハイク。
なかなか通る車自体がないので、通った車には思いっきり笑顔でアピール・・・で、次の車をゲット!なんと止まってくれたのはパリジャン3人組でした!

・・・パリジャン、意外とやさしい?

聞けば、同じくCONQUEに向かうと言う!YES!

車中、あーだこうだと旅の話をして(さんのポリシーは乗せてもらったらお礼にホストを楽しませる!こと)笑いながら和やかにCONQUEを目指す。

これで安泰にCONQUEに着けるかな~と思ったところ、手前11km付近で突然車は停車。
ランチがてらピクニックをするからCONQUEに行くのは夕方になる、と言われる(汗)。

うーん、と思ったのだけど早くCONQUEの街に着きたかった私達はそこで車とサヨナラ。
残り11kmを再び歩くことに!
Picture-449.jpg
降ろされたのもこんな場所だったので(笑)車が通ると思えないしネ。

サンダルで歩いたなんていうと、大変そうに聞こえるかもしれないけど、これが意外と快適で!
Picture-451.jpg
痛みを感ぜずに歩けるってことがうれしくてうれしくて、私、この旅行一番の上機嫌でした。
天気も暑すぎず、快適。周りは相変わらずだらけ!

で、11km歩いた後、ついに
Picture-462.jpg
CONQUEの街を発見!

崖にあるビューポイントからこの旅で使ったガイドブックの表紙に合せて写真撮影。
guide.jpg
真ん中がガイドブック。

いや~たどり着けてよかった~!気分爽快!!

CONQUEは上の写真だと余りわからないのですが、かなりの断崖絶壁に建っている街で今回訪れた中で一番観光地っぽい街かな。(と言っても過度なわけでなく、今までの街がほとんど観光客がいなかったので!)なので、結構お土産屋さんとか、レストランとかがたくさんありました。
Picture-486.jpgDSC00580.jpg
街の中は基本的にずっと坂
Picture-528.jpgPicture-527.jpg

DSC00587.jpg
Picture-489.jpg
泊めてもらったアーティストのイギリス人夫妻が経営するCAMBRE D'HOTEも快適で、旅の最後にいい思い出ができました。

随分長い話になってしまいましたが、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
初めてこんな長い距離を歩き、やはり怪我をしたわけです(笑)が、後から二人で旅の反省会をしながらお互い言いたいことを言い合えたのが一番の収穫だった気がします。
さんは、「今度はもっと無理のないプランを立てる」と今度があることをやたら強調していますが、どうなりますかね?(笑)

今はとてもそんなこと考える余裕はわたくしにはございません!

いきなりこんなに長い距離を歩くことは女性にはオススメできませんが、1日ハイキングとかならとっても気持ちよいですよー!無理のないプランで楽しんでください。
page top
Copyright © 2005 **Dailyma from Paris**. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。